仕事を知る

テクノロジー

テクノロジーの力で
業界構造を変革し、
社会にうねりを巻き起こす。

どれほど優れたテクノロジーであっても、
社会やビジネスに貢献しなければ意味がない。
どんな世界観をユーザーに提供したいのか。
テクノロジーで社会をどう変えたいのか。
リクルートには、常にマーケットやユーザー目線で
多くの挑戦できる環境がある。

巨大サービスになればなるほど、技術制約がつきまとう。
しかしリクルートでは、ユーザーに望ましい体験を提供できるのであれば、
どのように実装するかは現場に任せる。
そもそも何を提供すべきか、どのように実装するか、自分たちで決められる。
だから全力で取り組める。
純粋に社会のためになることを考え続けられる。
その結果、リクルートは業界構造の変化にも大きな影響を与えてきた。

誰もが知っている、誰もが一度は使ったことがある巨大サービスの数々。
それでも、どうしたらもっと便利になるのか?
どうしたらユーザーの生活に根付くのか?
個人が常にそれを意識して挑戦し続けている。
そのような挑戦の連続が人々の生活を大きく変化させる可能性をもたらす。
だから面白い。だからその追及に終わりはない。