テクノロジーの力で
業界構造を変革し、
社会にうねりを巻き起こす。

Work 仕事を知る テクノロジー職

どれほど優れたテクノロジーであっても、
社会やビジネスに貢献しなければ意味がない。
どんな世界観をユーザーに提供したいのか。
テクノロジーで社会をどう変えたいのか。
リクルートには、常にマーケットやユーザー目線で
多くの挑戦できる環境がある。

巨大サービスになればなるほど、
技術制約がつきまとう。
しかしリクルートでは、
ユーザーに望ましい体験を提供できるのであれば、
どのように実装するかは現場に任せる。
そもそも何を提供すべきか、
どのように実装するか、
自分たちで決められる。
だから全力で取り組める。
純粋に社会のためになることを考え続けられる。
その結果、
リクルートは業界構造の変化にも大きな影響を与えてきた。

誰もが知っている、
誰もが一度は使ったことがある巨大サービスの数々。
それでも、どうしたらもっと便利になるのか?
どうしたらユーザーの生活に根付くのか?
個人が常にそれを意識して挑戦し続けている。
そのような挑戦の連続が
人々の生活を大きく変化させる可能性をもたらす。
だから面白い。
だからその追及に終わりはない。

多様な課題があることが
リクルートの面白さ。
エンジニア個々が、仕事を楽しみ、
成長していける環境を
組織としてつくっていく。

横断エンジニアリングユニット ユニット長

宮川 典久Norihisa Miyakawa

事業の技術制約を取り除き、新たなビジネスの挑戦を可能にする。それが、リクルートのエンジニアが担う役割です。そのために、自ら課題を探し出し、立場に関係なく意見を言うことが歓迎されます。サービスや事業が抱える課題の本質を掴むために、クライアントやユーザーのもとへ直接出向きヒアリングする。処理スピードが起因でデータ量が増やせないなら、劇的に処理を高速化し、データ量の制約を無くす。抽出する課題も、そのアプローチ方法も自由であるリクルートでは、自ら手を上げた仕事に挑戦する機会があります。個人の想いが何よりもパワーの源になることを、リクルートは知っているからです。ビジネスサイドと密接に情報交換しているから、どの現場でどんな人材が求められているのか把握している。だからこそ、それぞれの能力を発揮できるポジションを適切にアサインできる。それが、組織としての大きな強みです。

詳しくはこちら

ビジネスとエンジニアが一体となる。
高い専門性を持って共創し、
社会の“不”を解消に導く。

データエンジニアリングユニット
データプラットフォーム部 部長

田中 孝昌Takamasa Tanaka

真に世の中に役立つプロダクトを生み出すためには、ビジネスとエンジニア、違う専門性を持った職種同士の共創が必要です。プロデューサーとエンジニアの何気ない会話から新しいサービスが生まれたり、技術からの発想で事業の課題解決の糸口が見つかることは多くあります。事業推進におけるエンジニア視点の重要性は、リクルート全体に深く浸透しており、プロデューサーとエンジニアが同じ組織に所属するなど、組織構成としても、ビジネスとエンジニアが分かれないように構成されています。ビジネスサイドが技術を理解しようと歩み寄り、エンジニアもまたビジネス課題を理解するために、積極的にコミュニケーションを取り、学んでいく。多様な事業領域で、他職種と共創し、社会課題を解決できる。それがリクルートのエンジニアとして働く面白さです。

詳しくはこちら