データが持っている
価値を最大化し、
マーケティングの
基盤を支えたい
㈱リクルート ID企画統括室
データ・AI戦略統括部
戦略統括グループ
グループマネージャー
堀越 保徳

PROFILE

東京大学で統計学を学び卒業後、大手証券に新卒で入社。金融工学を学びデリバティブ部門でクオンツとして6年務める。統計学を使い将来を予測するような新たな分野の仕事を求めて転職を決意。現在はリクルート ID企画統括室 データ・AI戦略統括部のグループマネージャーとしてリクルートが所有するデータの分析や最大活用化に取り組む。

マシンラーニングエンジニア

リクルートグループの各領域を横断し、リクルートが蓄積してきた膨大なデータを活用するリクルートIDプロジェクトのけん引役を担っている。リクルートが手掛ける全てのサービスのデータを収集し活用することでビジネスインパクトを出すことをミッションとしている。

サービスを横断した
膨大なデータを分析し、
ユーザー行動を推測する

現在のミッションについて教えてください。

リクルートグループには、じゃらんやゼクシィ、ホットペッパーやポンパレモールなど様々な領域のサービスがあります。それぞれのサービスのユーザーのIDを一元化するのがリクルートIDプロジェクトです。それによって各ユーザーのサービスをまたいだ行動を分析することが可能になり、その人の人となりがより深く知れるようになります。そうして得られた知見から、カスタマーに最適なコンテンツをお届けするお手伝いをしたり、あるいは、まだ使ったことのないサービスを新しく使ってもらうキッカケを作るような施策を行っています。
具体的な施策を実行するだけではなく、多様な領域にまたがる数十にも及ぶWEBサービスのトランザクションデータを、スムーズにマーケティングやレポーティングに利用できるようにするために必要になるツール・機能の開発も担っています。

人間の行動パターンには
再現性があるのではないか

転職先にリクルートを選んだ理由は?

“人間の行動パターン”という再現性のあるテーマに取り組めるマーケティングの世界に興味をひかれたことが一番の理由です。大手の証券会社でクオンツとしてマーケットのデータに長く向き合ってきましたが、本質的にランダムな部分も多く、統計的な手法で妥当な予測を行うことは、非常に難しいと感じていました。人間の行動パターンであれば再現性がありデータの分析者としてより価値を出すことができるのではないかと考えました。
中でもリクルートは、人材、飲食、美容、不動産、ブライダル、教育など、人の人生の様々な局面で利用される幅広い領域のサービスを手掛けており、利用者数も多い。圧倒的なデータの蓄積がある中で、単一の領域でのデータ分析だけではなく領域をまたいだデータを扱う事ができることは大きな魅力でした。
今まで経験してきた統計やプログラミングの経験を活かし、リクルートが所有する膨大な人間の行動パターンを分析することで、ユニークな価値を生み出すことに繋がるのではないかと思い入社を決めました。

「何がやりたいのか?」
ビックデータを活用し
価値観の違いを読み解く

実際に働いてみてリクルートの印象はどうでしょうか?

以前は会社の都合で、自分のやりたいこととは違う仕事に縛られていました。しかし、リクルートは本人がやりたいことを凄く尊重してくれる。リクルートに転職後は仕事で成果を出すまで2~3年は希望する仕事はできないだろうと覚悟していたのですが、「何がやりたいのか?」を摺合せ、IDプロジェクトに配属となりました。
大きな組織なのに本人の希望に沿った配属をしてくれる、こんな会社もあるんだなと、それは凄く驚きでしたね。
そして、膨大なデータを解析できるという点ではリクルートは思っていた通りです。ユーザーによって、重視する領域が異なることや価値観の違いをデータから読み取ることができたり、ライフイベントのサービスが多いのでサービス間の相関性が良く見えてくる。ビッグデータの力というか、リクルートならではの面白さを感じます。しかし、実際に分析をはじめてみると思っていた以上に難しい。沢山の人間の行動データを分析して、新しい別の誰かが次に何をやろうとするかを予想するというのは容易ではありません。

組織をリードする
マネージメントの
面白さが見えてきた

今後どのような挑戦をしていきたいですか?

自分自身は元々、数学が得意なエンジニアですが、今の部署では多くのメンバーをマネージメントすることも任されています。発足当時はたった2人だったチームも、今や50人という大きな組織です。マネージメントに専念してみると、今までは見えていない世界も見えるようになってきました。
エンジニアの視点では見えていなかった、マネージャーの役割や仕事を理解してみるとそれが非常に面白い。発足からかかわっている組織を成長させ、マネージメントしてより大きな目標に向かって成果を出すということに挑戦してみたいと思っています。

スペシャリストでありながら、
相手をリスペクトできる人に
ぜひ来てほしい

リクルートへ応募を考えている人にメッセージをお願いします。

リクルートは個人のやりたいという意思を、とても尊重してくれる会社です。自分の頭で考えて、発信できる人なら、様々なチャンスがあるので間違いなく幸せになれるでしょう。ただ目立つということではなく、自分の中に明確な芯を持ち、それをもとに発言、発信するという意味です。それができれば、リクルートはきっと楽しい職場になるはずです。

データサイエンスには、プログラミングやエンジニアリングの能力、機械学習や人工知能の数学能力そして、課題をどのように解くかのビジネスセンス、の3軸が必要と考えています。しかし同時にその3軸を極めている人はいなく、必然的に違った才能を持った人間が集まり一つの方向に向かって仕事をしていきます。
他の分野のスペシャリストの凄さを理解するのは難しいですが、自分自身がスペシャリストであり、対峙する相手もまた、相手の分野のスペシャリストであることをしっかりリスペクトできること。互いの立場や視点を想像して、尊重できる人に来てほしいと思っています。

採用情報

募集要項を見る

その他の社員