職場を知る

仕事と育児の両立支援

多様な事情・ライフスタイルを持つ従業員が、「個」を活かして活躍できる環境を整えるため、
2008年より女性を主な対象とした両立支援に取り組んでいます。
現在は男女問わない全ての個人を対象とした、本格的なワークスタイルイノベーションと両立支援に着手しています。
それらの施策の一部をご紹介します。

事業所内保育園「And’s」(アンズ)

高い成長意欲を持ちながらも保育環境が整っていない従業員が安心して職場復帰を行えるよう、2008年1月に本社であるグラントウキョウサウスタワー内に、事業所内保育園「And’s(アンズ)」を開設しました。

外部保育園との企業提携

昨今の保育インフラの不足事情を踏まえ、復職支援の一環として、事業所内保育園「And’s」に加えて、2018年4月より外部保育園と企業提携を行っています。(2019年4月時点で、約85園を利用可)

保活相談専用窓口「保活のミカタ」の設置

近年、首都圏を中心に高まる保育園入園活動(保活)の支援ニーズに対し、2018年度より社内の人事スタッフが核となって、最適なソリューションを提案できる体制を構築しました。自治体ごとに異なる保育園入園ルールを整理し、全従業員に対して、ライフスタイルや復職時期などの希望に合わせた最適な保活方法を提案しています。

男性の育児・家事支援

国内グループ会社のうち9社で、従来2日の妻出産休暇を最大20日まで拡大し、男性が育児休暇を取得しやすい環境を整えています(9社中3社は、5日間の取得を必須化)。その他、男性を対象とした育児セミナーを開催するなど、男性の育児・家事への積極的な参加を支援しています。