仕事を知る

ビジネスディベロップメント

真価が問われる時代。
個の力を最大化する。

テクノロジーの進化が働き方を大きく変える時代。
多くの仕事でますます個人の力が試されるようになる。

今後必要な個人の力とは何か?
それは執着力である。単に自社の売上や利益を追求するのではない。
社会が抱える不満や不安を解消するため、
個人ユーザー・企業クライアントへ提供する価値に徹底して執着する。
その執着力が、時に固定観念を変えるほどのインパクトを社会に生み出している。

リクルートには真のボトムアップ文化がある。
企業規模が大きくなってもなお、個人に大きな裁量を与える。
経営層から降りてくる事業課題・数値目標を追いかけるだけではない。
個人ユーザー・企業クライアントにとってより良いサービスを極限まで追い求め、
自ら事業課題を特定し、解決する為の戦略を描いて実行できる。
一人ひとりが常に高みを目指し、徹底して執着するから
社会の不を解消する新たなサービスを創出し、事業への成長を主導できる。
自分で決めるから本気になれる。心の底から成し遂げたいと思える。
リクルートという環境を利用し、あなたが心の底から執着できるものを見つけてほしい。