• ABOUT US
  • CARRER PLAN
  • RECRUIT INFO

WORKS 具体的な仕事やミッション、リクルートへの入社理由について

一覧へ戻る

リクルートのグローバル事業展開を人事面からサポートする海外人事担当

MISSION

市場優位性、将来の事業展開まで見越して海外拠点の人事制度等を作成

現在の担当業務は2つです。1つは海外駐在員の給与や、現地での生活周りを担うチームのリーダー。もう1つは、アジアを中心に人材斡旋事業を展開するグローバル斡旋事業部の、各国拠点の人事制度設計、海外役員報酬設計など人事面でのサポートです。
グローバル事業が加速度的に展開されるのに伴い、駐在員数は増加し続けています。これまで実績が無かった国や地域に進出したり、若手社員の駐在が増えたりしているため、私達も情報収集しながら臨機応変に対応します。また、海外採用の従業員が、採用された国とは違う地域に異動するケースもでてきました。この場合ビザの申請や税務対応などに法律面での知識が必要になるため、各国の法律に合わせてフォローを行います。
海外拠点立ち上げのサポートを行う時は、現地のコンサルタントに日系企業の人事制度の慣習をヒアリング。給与や福利厚生をどのように設定すると、働きやすい会社になるかを確認した上で制度を作ります。会社が設立され稼働を始めた後、給与オペレーションがきちんと運用されているか、人事制度や就業規則がその国の現状にフィットしているかを確認するのも私達の仕事。時には現地を訪問して駐在員や現地採用の従業員と面談し、制度を変える必要があるか?あるなら今か?3年後、5年後の方が良いのでは?などと検証します。

WHY RECRUIT

フロンティア精神に溢れる社員達と共に、自分もやりたいことに挑戦できる

リクルートがグローバル事業の推進を加速し始めた頃、他社の事例をヒアリングさせていただいたことがあります。その時「若手社員は海外に行きたがらないことが多い」と聞いたのですが、リクルートでは今、多くの若手が海外で頑張っています。フロンティア精神、チャレンジ精神に溢れる人材が多いと思いますし、やりたいと手を挙げた人に任せてくれるカルチャーが、この会社にはあります。
私も、上司に企画を提案し実現させてもらえた経験があります。リクルート自体のグローバル化を成功させるには一部の人材だけではなく、社内の多くの人にグローバルの意識を根付かせる"土壌作り"が必要と聞き、先輩とアイデアを考え上司に「海外から著名なスピーカーを招き、英語で語っていただく講演会を実施したい」と話したんです。では1度やってみようということになり、M&Aを行った企業の創設者にグローバルリーダーの条件を語っていただいたら大盛況。その後も海外有名ビジネススクールの教授などを招き現在まで7回実施、動員数は1500人以上という結果が出ています。こんな風に、やりたいことをどんどん実現できる風土が良いですね。
リクルートは、"部分在宅勤務制度"などを活用して、子育てしながらフルタイムで、責任のある仕事ができるのも魅力です。1才7カ月の息子を保育園に預けながら働いているのですが、仕事が充実していると、子育てにも前向きに取り組むことができると実感しています。

FUTURE & MESSAGE

目指すのは、グローバル人事を究めたスペシャリスト

今後は、グローバル人事のスペシャリストを目指したいですね。給与、労務など人事の機能を全て知り尽くし、究めたいという気持ちでいます。M&Aを行った海外企業の人事担当者には、人事のスペシャリストが多くいます。今後もそういった人達との業務上の関わりが増えていくので、対等に話ができるプロでありたいです。リクルートという会社の転換期に、グローバル人事の立場から関われることにも、大きなやりがいを感じています。
この先のリクルートでは、"自分はこうしたい"という意思を強く持ち、実現していけるパワーのある人がますます活躍していくでしょう。会社自体が未完成なので、完成されていないものを一緒に創り上げることに興味が持てる人に入社していただきたいです。

PROFILE

白尾瑞希

白尾瑞希
グループ人事統括室
海外人事グループ
2006年入社。人事部に配属され、キャリアビュー職(CV職:3年契約社員)の採用活動、入社後の研修、卒業前の転職サポートなどに携わりつつ、新卒正社員の人材育成も担当。2010年より海外人事部へ。人材開発部での経験や中国語ができることなどが評価されての異動だった。外国籍社員の人材育成、海外拠点設立時の人事制度作りなどから海外展開をサポートし続ける。
リクルートへの入社理由
年次に関係無く意見が言える風土で、自分らしく働けそうと感じて入社。
  • 01 人材採用戦略
  • 02 海外事業統括
  • 03 リクルートID・ポイント戦略
  • 04 社外広報戦略
  • 05 CSR戦略
  • 06 グローバル投資戦略
  • 07 海外人事戦略
  • 08 経営企画