• ABOUT US
  • CARRER PLAN
  • RECRUIT INFO

WORKS 具体的な仕事やミッション、リクルートへの入社理由について

一覧へ戻る

リクルートのITブランディングと、新規エンジニア組織構築に取り組む採用担当

MISSION

リクルートのITブランド力を高め、新規エンジニア組織を構築したい

最先端を行くIT企業には、「ぜひ働きたい」という優秀なエンジニアが集まります。私のミッションは、リクルートグループをそんな企業にすることです。現時点では、リクルーティングの現場で「リクルートはIT分野にも力を入れています」と話すと、ほぼ100%「知らなかった」と言われます。1対1の"点"でのコミュニケーションでは伝わるのですが、マーケット全体からの認知は無いのです。そのため、現在は高コストな"プッシュ型"の採用に終始しているのですが、中長期的には自然に優秀なエンジニアが集まる"プル型"の採用をめざしたい。そう考えて採用の実務だけでなく、IT企業としてのブランド構築にも早期から取り組むことにしました。
現在のフェーズはビジョン作り。リクルートはエンジニアからどんな企業に見られたいか。見られるべきか。それによって業界内でどう優位に立てるか、さらにエンジニアが持っているニーズを調べ、リクルートのホワイトスペースはどこにあるのかを分析しています。
ブランディングは通常は広報担当がやることで、グループ内の各事業会社でもブランディングを行っているので、方向性、ビジョンがブレずに一貫したブランドが実現するように、関係各所と調整もします。ただ、皆の意見を聞き過ぎるとエッジーな部分がなくなってしまう。そうならないように、「ターゲットとなるエンジニアのニーズ」に立ち返りながらプロジェクトを進めています。

WHY RECRUIT

1人ひとりの"will"で会社を変えていける。これが魅力

リクルートで働きたいと思うようになったのは、「フェーズ」「領域」「カルチャー」の3つのポイントからでした。「フェーズ」について言うと、自分は新しいものを作る仕事が好き。リクルートにあるのは、まさにそんな仕事と聞いていいなと思いました。「領域」に関しては、リクルートのビジネスは幅広いため、多様な組織や人材がいる。「カルチャー」に関しては、この規模の会社にしては珍しく1人の"will"で物事を進めることができる。つまり自分も"will"を持てば巨大な組織を動かすことができ、マーケットインパクトが大きい仕事に携われる可能性が高い。総合的に考えて、ビジネス領域の広さ×対象リージョンの広さ=組織の複雑性が高く、やりがいのある仕事ができそうというのが決め手になりました。
IT業界は勝ち負けが激しく、例えばグローバルのポータルサイトを見ても、10年前と今では勢力地図が全く異なっています。最近出てきたプレイヤーがあっという間に首位を獲得する。そんな、生き馬の目を抜くような世界でも生きていける強さが、リクルートにはあると思います。それはこの会社が、一定のリソースを持ちながらもそれに縛られない、フレキシビリティの高い生命体であるのに加え、経営者1人が考えて動かすのではなく、1人ひとりの"will"で会社を変えていける、それによってイノベーションを起こせる確率が高い会社だから。ここで会社の変化と共に、新しい世界を創っていきたいと思っています。

FUTURE & MESSAGE

自ら機会を創り出し会社を動かすことで、見える景色が一気に広がる

「自ら機会を創り出し、機会によって自らを変えよ」というリクルートの考え、実際にそれが浸透しているカルチャーが私は好きです。実際、今やっているITブランド力の構築もまさにそうですし。誰かに言われたのではなく、自分がやりたいと思ったことをやらせてもらっています。やりたいことがあり、リクルートという場を活用して成し遂げる"コミット力"がある人を応援してくれるカルチャーが、ここにはあります。普通は企業に入ったら、その企業にある範囲の中でやりたいことを探さないといけない。でもここはそうじゃない。ゼロベースで何かを始めたいという人が、思う存分活躍できる。そして実現した時には、一気に目の前の景色が広がり違う世界を見ることができる。これがリクルートホールディングスという会社の、最大の魅力だと思います。

PROFILE

仲田昌義

仲田昌義
IT人材統括室
ホールディングス採用部
キャリア採用グループ
2013年中途入社。前職ではインターネットサービスの企画・運営会社のHRを担当。事業拡大に伴い3年弱で約1500人のキャリア採用を主担当として推進。企業提供価値の策定や、エージェント、リテナー、ダイレクトリクルーティング、公募媒体など幅広い媒体チャネルの活用、応募者の属性情報から人材の本質を見抜くフローの作成を行い、採用活動を成功に導く。また北米・東南アジアの海外拠点で、優秀な現地人材を採用するためのパッケージを作成・展開した実績を持つ。
リクルートへの入社理由
「フェーズ、領域、カルチャー」
この3つを魅力に感じて入社。
  • 01 人材採用戦略
  • 02 海外事業統括
  • 03 リクルートID・ポイント戦略
  • 04 社外広報戦略
  • 05 CSR戦略
  • 06 グローバル投資戦略
  • 07 海外人事戦略
  • 08 経営企画