事業と社会性 なぜ社会に貢献するのか?
リクルートグループ採用情報TOP > 事業と社会性 > ビジネスモデルと事業領域

世の中への提供価値

常に新しい価値を創造し、事業やサービスという形で世の中に届けること。
これが、リクルートのビジネスの源泉です。
グローバル化とIT化という不可逆な潮流の中、
生活やビジネスは大きく変わろうとしています。
しかし、その一方で、あふれる情報の前に立ちすくみ、動けない人や、
情報化の流れから取り残されている人もたくさんいます。
私たちはそれらを「新しい価値の創造」をもって乗り越え、
自由で生き生きとした社会の実現のために貢献していきます。

  • ビジネスモデルビジネスモデル

    カスタマーとクライアントを新しい接点で結び「まだ、ここにない。出会い。」の場を創造する。

    リクルートは、プロダクトやサービスの送り手である企業(クライアント)と、
    受け手である生活者(カスタマー)の間に立ち、
    さまざまな自社サービスを通して両者を結びつけています。
    しかし、その役割は単純にクライアントの情報をカスタマーに届けることではありません。
    カスタマーに対しては、カスタマー自身も気づいていない新しい発見や可能性、
    安心して選択ができるような客観的な評価や評判を提供することで、
    その人らしい最適な選択と意思決定ができるよう、またその意思決定を実現できるようサポートします。
    一方のクライアントに対しては、1社1社との接点を通して、
    カスタマー視点でのクライアントの商品・サービス向上や未だ見ぬカスタマーとの出会いを生み出し、
    クライアントの事業が発展できるよう、伴走します。
    その結果、カスタマーとクライアントを新しい接点で結び、
    想定内の出会いを超えた「まだ、ここにない、出会い。」の場を創り出していく。
    このような事業を通じ、リクルートは「FOLLOW YOUR HEART」の世界観の実現を目指しています。

  • 事業領域事業領域

    リクルートのビジネスは、進学・就職・結婚・住宅購入などの将来を踏まえた大きな行動をサポートする領域から、
    旅行・グルメ・美容・お稽古などの日常行動をサポートする領域まで、大きく広がっています。

戻る
閉じる